軽量リユース牛乳びん

先日開催された「環境未来都市・環境絵日記展 2016」
昨年に引き続き、協賛企業として大手製びん企業がブースを出展していました。、3Rすべてに適応したガラスびんの魅力について、来場者の皆様にわかりやすく説明していただきました。

写真のびんを見比べてみてください。

c0237757_22312291.jpg


左が従来の牛乳びん、右がびんの厚みを薄くした軽量びん。明らかに大きさが違うのに、実は中身の容量は同じ。びっくりです!

c0237757_2232186.jpg


もう一枚の写真は、2本のびんの断面。厚みが薄いのがよくわかると思います。
50%軽量化ということは、重さはなんと半分です!!

びんの厚みを薄くしても樹脂コーティングを施しているので変わらぬ強度を持ち合わせているそうです。およそ60回も繰り返し使えるといいますから、リユースすることで、かなりの環境負荷の軽減が期待できそうですね。

ビールびんだけではなく、牛乳びんも軽量化が進んでます。「びんは重いから~」と敬遠されがちですが、それは「かつて」のハナシ。

機能的には空気を通さない容器なので中身の美味しさを長く保てる、デザイン的には落ち着いたイメージから中身の良さを演出できるし、環境的には原料がすべて天然素材なので安心できる・・・びんのいいところ+これからは軽くなって扱いやすいびんが増えていくこと間違いなし!

いいね、びん容器って!!

投稿者「びん3号」
[PR]
# by bottle-recycle | 2016-11-08 22:45 | 啓発

2割削減

c0237757_8444613.jpg


最近、ビールの中びんに表面が光るびんが、かなりの割合で混ざるようになりました。

写真で光って見えるのが分かりますか?

これはキリンビールの中びん。表面にセラミックスコーティングを施し、強度を保持しながらびんの肉厚を薄くして軽くした軽量びんなのです。

キリンビールの大びんは既に出荷されるすべてが軽量びんに切り替わり、中びんも順次転換するとのこと。軽くなることで輸送効率があがり、省エネ、CO2の削減にも繋がります。

軽量化はびんを運ぶ私たち「びん商」にとっても大変ありがたく、今では軽さを実感しながら仕事に勤しんでいます。ちなみに従来のびんの重さより2割軽くなりました。

投稿 「びん3号」
[PR]
# by bottle-recycle | 2016-10-26 05:43 | 啓発

今後がたのしみ

c0237757_954088.jpg


あっ、そうそう、ハノイへ行ったときに、ダナンにも寄りました。

ウィキペディアによれば、空港、港湾、銀行、工場などが次々に建設され、大規模な産業都市に発展している都市で、横浜市とも経済協力について提携を結んだそうです。

今後の発展に期待といったところでしょうかね。今後、リゾート開発も進んでいくようなので海外旅行先の候補地の一つにしておくのもいいかもしれません!!

c0237757_951963.jpg


投稿者 「007」
[PR]
# by bottle-recycle | 2016-10-26 04:57 | other

びんビールは省資源のお手本

洗うだけで繰り返し使えるリターナブルびん。
特に馴染みがあるのがビールびんではないでしょうか。

平均すると1年間に3回転、使用年数も8年程に亘って繰り返し使われています。
回収率も95%以上といわれてますから、優等生の名にふさわしいガラスびんであることは間違いないですね。

そんな環境にやさしい「びんビール」で乾杯しませんか!

c0237757_838058.jpg


投稿 「びん3号」
[PR]
# by bottle-recycle | 2016-10-22 08:40 | 心地よい時間

遅めの夏休み

タイに行きました

c0237757_16112274.jpg

バンコクでは線路沿いに色々拾ってきた
缶やペットボトル、ビンなどを集めて袋詰めしてありました
誰か引き取りに来るみたい

c0237757_16114933.jpg

今回はパタヤにも行きました
海は・・・きれいとは言い難いけれど。。。

でも、ホテルでビン入りのコーラが売ってましたよ。
日本とはちょっと形状が違うかもね。

c0237757_1613089.jpg


投稿 「007」
[PR]
# by bottle-recycle | 2016-10-18 16:13 | other