<< そんなものにも生まれ変わるんだ 熊澤酒造 >>

酒蓋

c0237757_11285452.jpg

いまから40年(!!)前の小学生だったころ、日本酒の蓋をつかった「酒蓋遊び」なんていうのがありました。いまも、あるんでしょうかね・・・。あの頃のキャップにはワインのようにコルクがつかわれていました。それをナイフで切って王冠だけにして集めていました。

遊び方はいたって単純。自分と相手の二人であそぶもので、相手の酒蓋の縁に自分の酒蓋を押しあててひっくり返せば勝ち!!です。メンコと似たような感じですね。
そんな遊びなので、勝つために(酒蓋をひっくり返されないように)、縁に段差のない酒蓋をなんとか手に入れようとしていましたっけ。当時は、「剣菱」の蓋なんかがそうでしたね。

日本酒をいただくたびに思い出します。そういえば酒蓋をもらうために家とか近所のおじちゃん達に日本酒のびんが空いたら声かけてくれ!なんてお願いしていましたっけ。なつかしいですね。

投稿者 「びん2号」
[PR]
by bottle-recycle | 2012-03-02 01:26 | other
<< そんなものにも生まれ変わるんだ 熊澤酒造 >>