<< お正月らしく 口元を傷つけない栓抜き >>

マグナムボトルでserving

c0237757_16572410.jpg

忘年会・・・
2013年を振り返りながら、2014年度の抱負を語り合う、とても大切な時間。

ことしは、新横浜国際ホテルのレストラン「コンカフェ」で毎月一度の定例会の後、開催しました。

ここのレストランで提供されるお冷は「はまっ子どうし」という横浜市のオフィシャルウォーター。自然豊かな道志川上流の良質な水をボトリングした横浜が誇る美味しい水です。

今秋、横浜市から「はまっ子どうし」を”びん”にいれて提供したい、ついては良いアイディアはないものかとの相談をいただきました。

今年の私たちの取り組みの一つに、溶かしたガラスびんからペーハーウェイトを作り、サンドブラストで加工したワークショップを行ったこともあり、”びん”に「はまっ子どうし」のロゴをサンドブラストで彫刻したらどうでしょうと提案したところ、そのアイディアを採用してくださり、レストランでつかわれることになりました。

あわせて、数種類のびんも提案させていただき、最終的にびんについては横浜市とレストランサイドで透明ボトル、1.5Lのマグナムサイズと決めていただき、企画、ビンの仕入れ、サンドブラストの加工、そして納品と、ちょっとしたプロディースをすることができました。

この1.5Lの“デカボトル”、テーブルの上に置いてあってもあまり違和感がないです!
すっかり店の洒落た雰囲気に溶け込んでいます。

マグナムボトルから注がれる「はまっ子どうし」、より一層 うまい!と感じられますよ。一度、お試しあれ。

レストラン コンカフェ http://sinyokohama.khgrp.co.jp/restaurant/concaffe/index.html

ちょっとしたことですけれど、こうして街中で活躍する”びん”にわたしたちの提案が採用されるのは、やっぱりうれしいものです。

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-12-22 17:06 | 工芸/アート
<< お正月らしく 口元を傷つけない栓抜き >>