<< 家呑みは四合びん 一輪挿し >>

ビールも木箱だった

c0237757_864932.jpg

リターナブルびんを流通させるには、びんの通い箱が大きな役割を担います。ビールびんも「P箱」というプラチック製の専用箱があります。みなさんも酒屋さんの倉庫の前などで見かけたことがあるのではないでしょうか。

今では当たり前ように使われている「P箱」も昔は「木箱」だったんです。私も30年近くびんを扱う仕事をしていますが、ビールの「木箱」を扱った経験がありません。調べると1965年にキリンビールが「P箱」導入ということですから50年も前のことになるんですね。このビールの「木箱」の存在、知ってはいたのですが、久しぶりに見かけ懐かしくなり紹介させていただきました。

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2014-02-10 08:07 | 現場
<< 家呑みは四合びん 一輪挿し >>