<< サムイ島で"ひんのあ... 旨さのコツは三度注ぎ >>

安心感という重さ

リターナブルびんとは、空きびんを回収後、きれいに洗浄し再び中味を充填して商品化させるびんのこと。

洗うだけで再使用(リユース)できるので環境にはとても優しい容器なのです。みなさんの身近なところでは、ビールびんや一升びん、宅配の牛乳びんなどが馴染み深いのではないでしょうか。

近年、これらのびんは家庭で見かけることがめっきり減ってしまいました。スーパーやコンビニには、びんビールや一升びんの日本酒や焼酎の品揃えがないことも珍しくないほどです。
今のご時世、「重い」「かさばる」「われる」といった理由から手に取っていただける機会が少なくなっているのも確かなのですが・・。

しかし、酒専門店や百貨店の酒売り場には、一升びんの日本酒や焼酎が数多く並んでいます。特定名称酒をはじめ、こだわりのある酒の多くは一升びんです。

酒には昔ながらの一升びんが似合うといったこともあるでしょうが、それだけではなく、びんの良さがあるが故、容器として選ばれているのは間違いないところです。

びんには趣もあるし、温かみもある。そして中味も美味しく感じる!?のも中味が天然素材からできたガラスにしっかりと守られているという安心感からくるものだと私は信じています。

一升びんの日本酒や焼酎を手にとって、その「重さからくる安心感」を感じてくださいね。

c0237757_853454.jpg


投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2015-06-06 08:55 | 現場
<< サムイ島で"ひんのあ... 旨さのコツは三度注ぎ >>