<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

配達

c0237757_9462142.jpg

今から30年ほど前のことですが、近くの酒販店でアルバイトをしていたことがありました。そのお店は賑やかな商店街の一角にあったので足を運んくださる方も多い一方、商品を届ける配達仕事もそこそこあったので、結構忙しかったことを覚えています。

階段を50段ほど上がった山の上に得意先があったのですが、毎月、ビール大びん2ケース、剣菱3本、コカコーラ1L1ケースを2往復して届ける時には、ホントしびれました。今では若かったなあ~と懐かしく思い出されます。余談ですが、あの頃の気力が今の自分にほしい・・・

当時はビールといえばびんビール、お酒といえば一升びん、ジュースやコーラも1Lのリターナブルびんでしたので、配達の帰りにはそれらの空いた空びんのほとんどすべてを引き取っていました。飲料容器の多くは販売店に戻っていく、それがごくフツーのことでした。

リターナブルびんも販売店に戻されることで、税金を使って回収されることなくベストな形でのリユース(再利用)システムにのせることができます。そしてびん商によって回収された一升びん等は、洗浄、検査の後、「商品」としてメーカーへと戻され、新たに中味が充填されて製品になるのです。

地域酒販店ならではの配達サービスを利用し、リターナブルびんの製品を購入することが、ゴミの排出抑制だけでなく、循環型社会を構築していく有効な手段になり得るのだと思います。
是非、近所の酒屋さんを訪ね、「配達」を利用してみてはいかがですか?

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-04-27 09:58 | 街の酒屋さん

ガラスびんと「おもい」

c0237757_18325536.jpg

2年間、個人的にお世話になった方が転勤されることになりました。
何か記念になるものを差し上げたいと向かったのは、酒屋さん。

たくさんのお酒の中から選んだのは、共通の思い出の地である福島県のお酒「皆伝」。
ある意味師匠のように慕っていた方から「免許皆伝」とはいかないけど、思いは次いで行きたいという思いから選びました。

場所や名前で思いを共有できる贈り物・・・。お酒にはそんな魅力があると思います。
そしてそのガラスびんの重みは、思いの深さも伝えてくれたと思います。

投稿者 「びん8号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-04-15 18:34 | other

ガラスびんの価値観

お茶をボトリングしているメーカーさんが神奈川県にいらっしゃいます。
卸し先は、高級レストランや航空会社だったりします。
お酒を飲めない方が高級レストランに行って、ワインは飲めないけど、同じ雰囲気は味わいたい。高級ワインと同価値の高級茶を同じようなボトルで味わえるって、新しい価値観だと思いました。
そんな演出ができるガラスびん、大事にしていきたいと思います!

http://www.royalbluetea.com/

投稿者 「びん8号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-04-14 09:06 | other

東京スカイツリーに行きました。

c0237757_1158558.jpg

お土産を探しにショッピングモールをぶらぶらしていると、キラキラ輝くガラスびんが視界に入り、思わず店内に入りました。
そこは、大手の飲料卸会社さんのショップでした。
たくさんの日本酒がガラスびんに入って並んでいる姿は壮観!
やっぱりお酒はガラスびんだよなぁと実感!

投稿者 「びん8号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-04-13 11:58 | 心地よい時間

一空

c0237757_1827319.jpg

「一空」は「いちあき」と読みます。
びん商の業界で使われていた言葉です。

一升びんの流通箱は今ではプラチックでできた6本入のP箱が使われていますが、約30年前までは主に10本入りの木箱が使われていました。
灘や伏見の大手酒造メーカーの一級酒は新しくしっかりとした木箱に入って送られてきたものです。特に剣菱の木箱は綺麗な箱でしたね。

現在と同じように空きびんも木箱に入れられて酒造メーカーに戻され、リユース(再利用)されていました。しかし木箱ですから、使っているうちに段々と色が変わってきます。

メーカーにしてみれば、洗浄された一升びんに中身(清酒)を詰めて出荷するので、同じ木箱でも綺麗な箱が欲しいと思うのは当然のこと。そのため、私たちびん商は回収してきた一升びんを比較的「綺麗な箱」と「そうでない箱」とに分けて在庫、空きびんと一緒に流通させていました。程度も良く、綺麗な箱を「一空」、そうでない箱を「二空(にあき)」と分けていたのです。

現在、木箱はほとんど使われていませんから、見かけることも少なくなりました。先日、得意先の酒販店の倉庫にあった「剣菱」の木箱、懐かしくなってシャッターを押しました。

この箱は正に「一空」です。

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-04-10 18:28 | 現場