<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

酒は純米燗

c0237757_22343480.jpg

横浜駅西口にあるホテルで行われた日本酒のイベントに参加しました。

「純米燗 初夏の宴 ~逸品を愉しむ~」

全国から23蔵が来浜、いずれも純米酒造りにこだわりをもった中小の蔵ばかりです。
丹精込めて醸した逸品を燗をしていただく・・・
一升びんから「ちろり」に注ぎ、酒燗器で温める、その温度にも気を使いながら蔵元が盃に注いでくれます。その酒をいただきながらの蔵元との会話は日本酒愛好家にとって、とても貴重でそして至福の時でもあります。
限られた時間なのですべての日本酒を利くことはできませんでしたが、さすがにどれも逸品、飲み飽きしない酒ばかりでした。できればもっとゆっくり料理を食べながら味わいたかったですね。

夏だからこそ晩酌の日本酒は少し温めて呑むのもいい・・・体にも優しいはずです。

c0237757_22361838.jpg


「酒は純米 燗ならなお良し」
イベントでの盃に記してあった言葉です。納得!

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-06-28 22:36 | 心地よい時間

衝撃の軽さ

c0237757_18573146.jpg

蒸し暑い日々のおかげ(?!)でビールが美味いですねぇ~
そんな訳で、今月19日に発売された「GRAND KIRIN」を早速飲んでみました。

マキシキャップをあけて、グイッと飲めば、かるい苦みに濃厚な味、いやぁ、やっぱりビンビールは美味い!!
で、飲み終えてビックリ!!メチャメチャびんが軽い、空だとプラスチック容器かと勘違いするほどで、そして、グッドデザイン賞を受賞しているだけあって透明ラベルがオシャレです。

思わず、重さを量ってみれば141グラムで、となりのコップよりも軽量です。。
ワンウェイビンですが、KIRINのオリジナルムービーの最後にも「のんだあとはリサイクル」の文字があります。間違っても「燃えるごみ」にはしないように、お願いします!!
But おそるべし、(軽量化の)技術です。

投稿者 「びん2号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-06-23 19:13 | 心地よい時間

上手に ‘家呑み’

c0237757_20492329.jpg

晩酌のやり方はそれぞれ違うと思いますが、私はビールを飲んでそのあと日本酒。

日本酒も一升びんから少し肉厚のグラスに注ぎ、電子レンジで温めるといった面倒くさがりやの性格丸出しで、色気もなにもない飲み方なんですが・・・

先日、ガラス工芸で酒器などを製作している友人に‘ぐい呑’と‘片口’を作っていただきました。色合いといい、デザインといい、素晴らしい・・とても素敵です。

今ではこのぐい呑で飲んでいますが、なぜかお酒が進みます。
まるで品がいい小料理屋さんのカウンターで呑んでいるような、器を変えるだけで雰囲気も一変してとても贅沢な気分に浸ることができます。

ぐい呑などの酒器にも少しこだわって、おしゃれなものを使ってみるのも、お酒をおいしく呑む一つのコツかもしれないですね。

‘家呑みの楽しさ’を見つけた、そんな気がします。

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-06-19 20:50 | 心地よい時間

『父の日』

c0237757_7254343.jpg

ことしは、わたしの近所(静岡市清水区由比)で造られているお酒の、正雪を父に贈りました!
わたしが由比へお嫁に行ってからというもの、何度も何度も正雪の話をするので、父の日のプレゼントにしました!
フルーティーで飲みやすくて気に入ったみたいです(^^)

由比はお酒はもちろん桜えび、しらすもとーってもおいしくて最高です!
ぜひ由比へ遊びに来て下さい!

投稿者 「maimai」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-06-18 07:27 | other

上海から

c0237757_19205866.jpg

お天気がいまひとつ冴えないですが、PM2.5の影響ではありません。どんよりの曇り空・・・
台湾のびんにはリサイクルマークがついていましたが、上海の食卓で撮らせてもらったこのびんには、つけていませんね。最近は飲食店でも缶ビールを出すところが増えてきたみたい・・。
c0237757_19302947.jpg


投稿者 「007」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-06-16 19:33 | other

夏は青色

c0237757_18591572.jpg

茶、グリーン、黒や透明など、一升びんにも様々な色のびんがあります。
その中でもこの色ほど季節感を醸し出す色はないでしょう。

オーシャンスカイブルー’

びんを扱う私たちの業界では‘OSB’と呼んでいます。

夏の青い空と海をイメージさせてくれる・・それでいて涼しげですよね。
日本酒でいえば冷やして美味しい生酒のためにあるのではないかと思えるほどのピッタリ感を抱かせてくれます。

夏といえば湘南。 湘南唯一の酒蔵 熊澤酒造「天青 純米吟醸千峰 生詰」 

夏に向け、冷蔵庫の中で出番を待っているこの酒たちをぜひ味わってみてくださいね。
c0237757_1915362.jpg

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-06-09 19:03 | 現場

元気の源!!

c0237757_16455858.jpg

日本酒の会を開催しました。

‘日本酒本来の良さを呑んで知ろう!’と始めたこの会も昨年に引き続き2回目。今回は灘の櫻正宗の営業の方にも参加いただき、「純米」をキーワードに6種類の純米酒を温度を変えたりしながら味わいました。

飲み比べることでその違いも自分の好みも知ることができ、日本酒の面白さが今まで以上に皆で体感することができたと思います。

最後は気のあった仲間の単なる飲み会になってしまいましたが、「いい日本酒をおいしく呑む」。

この基本的な呑み方を実践することで、ほろ酔いながらも千鳥足で帰る人もなく、笑顔で解散!
明日からも頑張って仕事に励もうと思える楽しい時間を過ごすことができました。

低迷していると言われている日本酒業界ではありますが・・・
こだわりをもってしっかりとした造りをしている酒蔵の酒を、より多くの方々に呑んでいただき、その良さを知ってもらうことが業界発展につながると思います。それは日本酒業界と密接な関係にある私たちびん商にとっても望むところなのです。

さて、次回の日本酒の会はどんな企画にしましょうか?

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2013-06-05 16:47 | 心地よい時間