<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年は小物雑貨にリサイクル

昨年はサンドブラストのワークショップ材料として使うペーパーウェイトを、飲み終えた透明のガラスびんからつくりました。ことしは箸置きやウェイトなどの小物雑貨に挑戦!!

昨年お世話になったガラス工房さんの坩堝(るつぼ)をお借りして、制作工程に立ち会わせていただきました。今日は気温も二ケタをこえて暖かいのですが、それでも季節は冬のはずながら工房内は相変わらずの熱気です。窯から取り出した飴状の溶けたガラスは約1,000℃ほど、模様をつけるための鉄板もすぐ熱くなってしまいます。
一晩徐冷をした後、26日に引き取りです!!年末の楽しみがひとつ増えました。
c0237757_16392448.jpg


投稿者 「びん2号」
[PR]
by bottle-recycle | 2014-12-24 16:39 | 工芸/アート

日本酒の会がもたらす効果

先日、日本酒の会を開催しました。
忘年会シーズン真っ只中ということもあり、参加人数も控えめでしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

ガラスびんの普及には、やっぱりびんに入った中味をもっと追求しないとダメだよね・・その良さを広めることがびんの普及に繋がるはず!と酒呑みの言い訳じゃんなんて思われるかもしれないのですが・・至って真面目に取り組んでいます。

今回は12月に入って急に寒くなったということもあり、燗酒の旨さを皆で体験しました。
埼玉の神亀、群馬の分福、神奈川の天青、そして広島の竹鶴・・
c0237757_845674.jpg

知ってるだけのうんちくを語り、そして様々な話題に花を咲かせ、温かい日本酒に酔いしれました。日本酒好きな仲間たちと貴重な時間を共有できたことも、日本酒の会を開催できたおかげ・・・感謝してます。

さて、次回までに日本酒の旨さと容器としてのびんの良さをどのように伝えよう・・・会を開催することで、日々の探究心が深くなっていることにも感謝!!

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2014-12-09 08:04 | 啓発

師走の風物詩

12月に入り、あちこちの酒販店の店頭には酒樽が置かれ、「樽酒」と書かれたポップを目にするようになりましたね。
「樽酒の量り売り」今では季節を感じさせる季語のひとつになったような気がします。

得意先の酒販店でも樽詰めされた日本酒をご主人が一升びんや四合びんへとびん詰めして販売しています。毎年、洗壜工場できれいに洗浄された洗い壜をその詰替用のびんとして届けています。
c0237757_21243037.jpg

「今年はどのくらい売れるかな~」と問いかけられながらも、例年の本数分の注文をいただきました。12月も中盤に差し掛かる今週末に届ける予定です。
このびんを届けると今年も残りわずか、一年を振り返る暇もなく、忙しない日々が続きます。

投稿者 「びん3号」
[PR]
by bottle-recycle | 2014-12-07 21:25 | 街の酒屋さん